人気ブログランキング |


小生d1.2takaの写真日記その他でございます<(__)>


by d12taka(でぃーいちにたか)

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
雑感
風景
ポートレート
フォトストーリー
宇宙開発
軍事
未分類

お気に入りブログ

happy *riko*...
病者ノ光學 ***プリヲ...
yutaのカメラ日記
素顔のままで
always over ...
day's photo.
Photo is my ...
SNAP×SNAP
Air Contact
CABYblog,
白き書
しろとびフォトブログ
*Photo Garden*
G-SHOT LIFE
てきぱきまむ の写真館
キワコです
walk with my...
雲母(KIRA)の舟に乗って
ギャラリーM型
Rosetta's Ph...
光の贈りもの
Riggie's Nat...
モノクロポートレート写真館
夢色とうめい
夕月の空
Korze Photolog
Kazu-cashari...
VOSTOK PHOTO...
Le café de l...
portrait & s...
是和道哉 万事快調ときどき鬱

LINK

タグ

(437)
(303)
(280)
(233)
(229)
(180)
(178)
(162)
(154)
(152)
(147)
(119)
(112)
(103)
(92)
(91)
(77)
(73)
(71)
(69)

以前の記事

2018年 05月
2018年 04月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
more...

最新のトラックバック

白青'15revise ..
from Private Sessio..
日本三名瀑のひとつに数え..
from dezire_photo &..
大松清流亭の紅色桜
from 雲母(KIRA)の舟に乗って
心の礎
from Private Sessio..
二月 : 俳句
from always over th..
白薔薇咲く窓辺
from marble*marble
厭離庵で散らし取り
from 雲母(KIRA)の舟に乗って
南禅寺の炎
from 雲母(KIRA)の舟に乗って
妙心寺 紅葉静か
from 雲母(KIRA)の舟に乗って
錦秋の古都 2011
from 雲母(KIRA)の舟に乗って

記事ランキング

ライフログ

その他のジャンル

ファン

ブログジャンル

カメラ

画像一覧

ひょっこり軍艦島

Excite エキサイト : 社会ニュース

以下引用。

廃墟の魅力長崎「軍艦島」 上陸解禁、ツアーも組まれる
長崎県沖に浮かぶ「軍艦島」(写真提供:「軍艦島を世界遺産にする会」)
長崎県沖に浮かぶ島、通称「軍艦島」。廃墟ファンの間では以前から知られていた「石炭の島」が2009年春、島内の整備が進んだこともあり、上陸が可能になった。旅行会社ではすでに上陸ツアーが組まれるなど、注目を集めている。

世界遺産国内候補にリストアップ
軍艦島(長崎県長崎市、端島)は南北480m、東西160mほどの小さな島だ。島の外観が軍艦に似ていることから、こう呼ばれている。軍艦島は明治時代初期から、石炭の採掘で栄えた近代的な都市と知られ、1960年頃の最盛期には5000人以上が住んでいた。人口密度は当時、東京23区の9倍以上に達したとも言われている。近代的な高層の鉄筋アパートが建てられ、学校や体育館、映画館などがあった。

しかし、炭坑が閉山された1974年以降、無人島となった。当時の建築物や街の様子はそのまま残された廃墟となっていたが、その様子は写真集に収められており、廃墟ファンの間ではよく知られた場所だった。また、軍艦島の周囲をクルージングするツアーは10年ほど前から続いている。2008年9月には、「九州・山口の近代化産業遺産群」の中の一つとして、世界遺産国内候補にもリストアップされており、話題の場所でもある。

そんな中、軍艦島がある長崎県長崎市は2009年4月下旬からの一般客の上陸を許可している。市では2008年度予算として、軍艦島の整備に1億500万円を計上、見学用の通路を整備した。2009年3月、島の南側には、幅2メートル、長さ230メートルにわたる通路が完成したばかりだ。

軍艦島上陸解禁に合わせては、近畿日本ツーリストが2009年3月27日、上陸ツアーの販売を開始した。およそ1時間かけて、上記の通路を散策することができる。もちろん、廃墟となっている建造物の中には入ることはできないが、建物の外観や風景は十分に楽しめそうだ。

軍艦島は未来に向けて警鐘を鳴らしている
ツアーを企画した近畿日本ツーリストの担当者によると、「30~50代の方が応募しています。もともと廃墟ファンや建造物が注目を集めていましたから、予約もじわじわ伸びています」と話す。

1ツアーあたりの定員は40人。4月下旬から始まるツアーでは5コースを用意した。同社を通じて、最大500~700人が軍艦島へと行くことが出来るそうだ。なお、長崎市の条例により、悪天候の場合は上陸できないこともある。しかも、安全基準を満たす日は100日以下とも言われている。価格は2万6800円~7万8000円。ツアーでは軍艦島だけでなく、長崎県の観光名所も回る。

ちなみに、個人のブログでも今回の「軍艦島」の上陸解禁に対して、「いつか行ってみたいのです」「ちょっと行きたい。いや、かなり。凄く」「その光景を眼にした際に、どんな感情が去来するのであろうか...。とても惹かれる」「観光地化による整備で景観が崩れないといいんだけど……」などと書き込まれている。

すいません、ついつい^^

建物の劣化はかなり進行してると思われます。
立ち入り制限がキツそうな気もしますが、どうなのでしょうか?
小生だと逆に不満が溜まりそうな...

原爆ドームのような保全工事を苦労してやっていく、ということですかね?
by d12taka | 2009-04-03 22:28 | 雑感